スタッフ紹介

Staff

代表取締役社長

井手口 浩士

Kouji Ideguchi

ホームレス生活から一念発起!

未来を創るロハス・ライフの創業者

宮崎生まれで野球少年(2番セカンド)だった通称:コウジは、20歳でなんとホームレス生活を始めた。その6年間であらゆる経験をしたことで、ずっと考えていた循環型社会を作りたいという思いを募らせ、一念発起し28歳でロハス・ライフ(株)を創業。その2日後、東日本大震災が起きた。甚大な被害を目の当たりにしたことで、持続可能で子供たちの未来を創る事業をすると新たに決意。耕作放棄地に太陽光発電設備を建設し、空き家再生や利活用など地域活性化にも取り組み、持続可能な地域循環型社会の構築を目指して日々奮闘している。
仕事のこだわりは「必ず現場を見に行くこと」。現在、3児の父で、週末は家族でキャンプに行くという。趣味はゴルフと旅行。座右の銘は「世に生を得るは、事を成すにあり」。
宅地建物取引士 (福岡) 第 047078 号
マンガ「経営者ものがたり」ホームレスから持続可能な社会への挑戦!

井手口浩士
不動産事業部統括部長

森本 克哉

Katsuya Morimoto

22歳から不動産一筋

頼れるリーダー!だがお笑い担当

鹿児島生まれの宮崎育ちで、学生時代の部活はサッカー(ポジションFW)。あだ名は・森かつ。22歳で福岡市内の中堅不動産会社に入社し、およそ20年間、賃貸仲介・賃貸管理・収益物件売買仲介業に従事してきた。代表・井手口の同郷(宮崎市)の同級生で、井手口のことをよく知る人物。その上で仕事ぶりや価値観、生き方に共感し、入社を決めた。信条は「お客様の人生をより豊かにすること」。子供の頃から、どこに行っても「お笑い担当」で、もちろんロハス・ライフでも言わずもがな。プライベートでは2児の父で、休日は、やはりスポーツ観戦!好きな音楽はヒップホップとR&B
宅地建物取引士 福岡県知事 第 038004 号

森本克哉
不動産事業部営業

佐藤 元気

Motoki Satou

インテリア業界で磨いたセンスが光る!

ロマンチストな不動産マン

インテリア業界で5年間の経験を積み、空間づくりの感性を磨きロハス・ライフに入社した。不動産事業部では、空き家再生や有休地活用を担当。「不動産や所有者様を取り巻く状況や思いはさまざま。それらを真摯に受けとめながら、所有者様はもちろん、地域貢献にもつなげたい」と意気込んでいる。また、実需要・住まいの売買仲介も担当しており、人生の一大イベントである“家を買う”、“思い出の詰まった家を売る”ことに携わる者として「お客様の不動産物語の出演者の一人として頑張ります」と語るロマンチスト。学生時代の部活は野球で、ポジションはキャッチャー以外すべて守れるという。だが社内ポジションに関しては、お笑い担当の森本に反して、自称「ポジションなし」。いや、間違いなくポジションは「ロマンチスト」だ。

佐藤元気
不動産事業部営業

旭 沙織

Saori Asahi

国立大修士課程修了

ロハス・ライフきっての才女?

3歳からピアノを習い、部活はブラスバンドでサックスを吹いた。九州大学大学院医学研究院で遺伝子を研究し、修士課程を修了。その後DNAキットの開発に携わったというロハス・ライフきっての才女だ。前職で太陽光発電と出会い、再生可能エネルギーの素晴らしさを知る。第一線で太陽光発電を開発してきた代表・井手口の経営理念「不動産の新たな価値を創造し、持続可能な未来を創る」に魅了され入社。会社の好きなところは、従業員が明るく楽しいところで「出会ったすべてのお客様に、笑顔になっていただけるよう日々精進します」と意気込み仕事に取り組んでいる。座右の銘は「実るほど首をたれる稲穂かな」。うーん優等生。…これ、本当?

旭沙織