省エネルギー

Energy conservation

消費電力削減

Power consumption reduction

企業に求められている省エネ、
どのように実現していますか?

オフィスや店舗、商業施設、工場などの電気消費量は、
空調・冷蔵・冷凍機器が約40%を占めるといわれています
これらの消費電力の約85%が圧縮機の動力で消費されています
ということは、省エネの実現は圧縮機の負荷を軽減すれば実現するのです
通常の配管は冷媒粘度が抵抗となり
圧送に必要なコンプレッサーの負荷が大きく
消費電力が大きくなります

流体攪拌装置

αESG

αESGにより冷媒を協力に撹拌することで配管内の抵抗を減らし、圧縮動力を削減するのです。そして配管の流動抵抗を低減することに加え膨張弁の不安定化を誘発する脈動を抑えることで安定した圧になり消費電力を低減。そのため、この流体攪拌装置を機器に設置するだけで消費電力の10%から30%削減を叶えることができます。
この技術は国内特許を取得しています。仕組みはコンプレッサーの圧送ロスを大幅に低減できるもので技術的な根拠として流体を撹拌し、微細化することにより熱伝導率が向上します。そのため設定温度に早く到達することからコンプレッサーが休まる時間が長くなるのです。

導入について

About introduction

まずお問い合わせいただいてからお客様の使用環境をヒヤリング、導入効果の年間シミュレーションをご提示します。必要に応じて空調機で検証実験を行い、削減効果を実感していただき導入が決まりましたら設置工事を実施します。お問い合わせから工事までの期間の迅速性と簡単な設置工事で済むこともメリットに感じていただけます。

メンテナンスやランニングコストも不要で
大手企業様方も続々と導入されており
新たな次世代の省エネ装置として
期待される流体撹拌装置
ロハスライフが地球環境を守り
企業のSDGSと省エネをサポートいたします